無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 <   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

2010年 08月 24日

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 Eメール対応の基本は心情理解   

今回は、Eメールに関わる内容をお伝えいたします。
【便利ツール Eメール文例集】もご参照ください!

■Eメールの基礎をおさえてトラブルを防ぐ
Eメールの普及に伴い、これまでは電話で伝えていた用件を、メールで送るという機会が増えてきました。Eメールに慣れている方々にとっては、さらりと送りやすいものであり、相手がすぐ側にいて、声を掛ければ良い距離でも、ついメールで送ってしまう、ということも聞きます。
一方で、皆様もご存知の通り、Eメールはトラブルになりやすいため、利用時には注意が必要です。

<よくあるトラブルの例>
・伝えたいことが伝わっていない
・捉え違えでやりとりが炎上
・お詫びをメールで送る
・送ったが、相手は読み飛ばしていた
・お願いするのに簡潔すぎる ・・・

等、数を挙げればきりがありません。

◇Eメールでのトラブルを防ぐためには、
まずは基本的なEメールの書き方・マナーを押さえることが大事です。
 ⇒【ビジネスEメール研修(半日、1日間)】

b0040710_10224397.jpg

■気持ちを伝えるEメールでは「心情理解」が大事
基本的にビジネスEメールでは、「簡潔に書く」ということが大事といわれて
いるのですが、すべてにおいて簡潔に書けば良いというものではありません。

業務上のEメールには2種類あります。
一つ目は、連絡用のメール。
二つ目はお願い・お詫び・感謝など、気持ちを伝えるメール。
後者は特に、直接顔を合わせず、文面だけでコミュニケーションをとることになるため、機械的・事務的な文章にならないよう、一層の配慮が必要です。

たとえば、「お詫び」のEメールであれば、「心情理解」の部分を省かず、意識的に書くようにします。「ご不便をおかけしまして、誠に申し訳ございません」の「ご不便をおかけしまして」というような部分が「心情理解」に当たります。

◇「心情理解」が特に大事なのは、Eメールでのクレーム対応です。
【クレームEメール対応研修 
~メールでのクレームに対応する(1日間)】
b0040710_10272596.jpg

■メール対応のバラつき改善は「Eメール対応コンサルティング」

インソースでは、お客様窓口でのメール対応一元化を推進するコンサルティン
グもご提供しております。

当社のコンサルティングでは、貴社のEメール問題事例を皆様と一緒に分析しグループワークの形を取りながら、対応のどこに問題があるのか、なぜ悪いのかを検討し、それを踏まえて、貴社独自のテンプレート作成を行います。一緒に作成することで貴社のテンプレート作成力が向上するのが研修会社が実施するコンサルティングの特徴です。ぜひお問合せくださいませ。

◇インソースでは、このメールテンプレートを作成するお手伝いもしておりますので、ぜひお問合せくださいませ。

*****************************
 電話:03-5259-0070
 WEBでのお問い合わせ

******************************
b0040710_10312271.gif

by insourcekyusyu | 2010-08-24 10:42 | おすすめ研修

2010年 08月 18日

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 天草四郎像   

c0171349_14511676.jpgたけむらゆうこが~~
天草四郎に~~~~
であった~~~~。
(ウ○ルン風に)


こんにちは!竹村です。
ご無沙汰していますが、この写真で分かっていただけますでしょうか?
c0171349_14533516.jpg


竹村は昨日より鹿児島⇔熊本を出張中です。上天草市 大矢野町でこの巨大な天草四郎像に出会いました。


c0171349_15124918.jpg

天草は海がキレイですよ。
カップル多い…

by insourcekyusyu | 2010-08-18 14:59 | 九州支社の日常

2010年 08月 18日

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 福岡の夜   

河野です。
お盆に連休を頂き、友達と(男5人で!)遊んできました!

c0171349_14292493.jpg
百道浜にあるロマンチックな結婚式場に行きました。(男5人で!)


c0171349_14355036.jpg
いつかここで、あの人と…♪
ドキドキ。妄想は膨らみます。
(男5人で!)


c0171349_1438778.jpg
ヒルトンホテルと福岡ドーム。
パリスヒルトンに思いを馳せ、
男5人で福岡の街をドライブ。



福岡は都会と自然の調和のとれた街で、素敵な夜景スポットがたくさんあります。
志賀島(金印が出たとこです)から見る海の中道や、百道の夜景もキレイだし、
皿倉山、油山、若杉山から見下ろす市内の夜景も素晴らしいです。
ぜひみなさんも遊びに来てくださいねー!

by insourcekyusyu | 2010-08-18 14:43 | 九州支社の日常

2010年 08月 17日

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 「総合型人材」について考えてみました ~「多面的に考える」が第一歩   

先週8月12日(木)の『日本経済新聞』23面「経済教室」で、一橋大学の伊藤邦雄教授の「(3)経営革新へ視野広げよ~総合型人材の育成を」が掲載されました。皆様もご覧になったことと存じます。当社でも興味深く拝見させていただきました。そこで、この内容について当社なりに考えてみましたのでご紹介させていただきます。

b0040710_103184.jpg


■ 記事のポイントは3点
1.企業の競争力劣化、90年代に根本的要因
~バブル崩壊後、企業は、本社のスリム化、成果主義・社内カンパニー製・IT化を導入。「失われた20年」をもたらす日本企業の競争力低下は「部分」の強みに特化しすぎてコモディティー化したことに起因する。

2.部分最適化への傾倒が全体効率の低下に
しかし、部分最適化・社員の視野狭さく化・部門間の連携不足が進み、競争力劣化に陥った。今後必要なことは、「部分最適」から「全体最適」化し、新たな事業やイノベーションを模索していくことである。全体最適型プロデューサー(総合型人材=ゼネラリスト)を早急に育成すべき。

3.大企業とベンチャーの連携の少なさに反省を
そのためには、仕組みづくりと、他業種との連携によって視野を広げることが大切である。特に、大企業とベンチャー企業が連携することで、閉鎖性を解き放ち、躍動感に満ちた企業家精神に触れることが大切である(例:トヨタ自動車が米ステラ・モーターズと提携した)


■ 当社が考えるゼネラリスト育成のための第一歩とは
この記事を受け、当社で考えた「総合型人材育成」のための第一歩は、「立場を変え、多面的に考える」ということです。インソースの研修では、この視点を特に重視しています。

当社はほぼすべての階層別研修で、「立場を変えて考える」という時間を設けています。冒頭で実施する、下記のようなワークです。

例:段取り力研修(リーダー・管理職向け研修)

「私がお客様だったら、当社に何をしてほしいか?」
「当社は社会・ライバル会社からどう見られているか」
「私が経営トップだったら、リーダーにまず何をしてほしいか?」
「私が部下だったら、リーダーにまず何をしてほしいか?」

まず自分で考え、グループ内で共有、それをクラス内で共有する、という作業を通して、自分達で自ら求められる役割を導き出していきます。これにより、全体をふかんする見方が生まれ、自分の役割を広く捉えることができるようになります。また、目の前にある研修への積極性が生まれます。

当社は、この「多面的に考える」というワークを通し、自分の役割や部署だけに留まりがちな「部分最適」から抜け出し、「全体最適」化できる人材(=ジェネラリスト型人材への第一歩を踏み出していただきたいと考えています。
b0040710_1034815.jpg

■ 特に多面的に考えることが大事な管理職向け研修
管理職研修~組織理念を踏まえ、考え、行動し、組織をのばす編(1日間)
マネジメント研修 ~課題解決力向上編(2日間)


☆*゚ ゜゚*★゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*★*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*★*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*★

インソースは、直近実施のご依頼にも、できる限り対応いたします。
また、お見積のみのご依頼も、どうぞお気軽にお問合せ下さい!
電 話:03-5259-0070
FAX:03-5259-0075
お問い合わせ:https://www.insource.co.jp/contact/inquiry.php?ctg=s10

☆*゚ ゜゚*★゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*★*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*★*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*★

by insourcekyusyu | 2010-08-17 10:14 | おすすめ研修

2010年 08月 05日

無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 女性管理職登用への取り組みとスタンス   

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【8/2日経新聞社説より】女性管理職登用への取り組みとスタンス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

■性別、年齢の区別なく優秀な人材を登用する取り組みが必要です

日本経済新聞8月2日(月)朝刊の社説にて女性の管理職登用を推進する記事
が掲載されていました。
特に、結婚・出産後も仕事を続ける女性社員に対して、育児との両立支援策を準備し、優秀な人材を流出させないこと、いったん仕事を離れ育児に専念していた女性への再雇用の間口を広げることが必要だということととともに、登用される側の女性も職業人としてのキャリアを真剣に考えることが重要だとありました。
キャリアデザイン研修~女性の活躍・キャリア開発を促進する編(2日間)
b0040710_1624639.jpg

■優秀な人材が働きやすい職場を作るというスタンスが大切です

また、記事には次のような問題提起もありました。
「男女差別はないと思っているが、無意識のうちに男性にだけ重要な仕事を与えたり、女性を管理職候補から外したりしていないか」「よかれと思って育児中の女性を閑職にまわし、やる気をそいでいないか」

意識しないで行っていること、あるいは気を遣って行ったことが、結果的に有能な人材を管理職から遠ざけることになっているというのは、これまであまり認識されてこなかったのではないでしょうか。
「女性」ということで特別視をするのではなく、優秀な人材を管理職候補として育成する中で、必要な体制を整えるというスタンスが必要なのではないでしょうか。
管理職候補者向け研修(1日間)

 ♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.
      
【公開講座】11月30日(火)女性社員活躍推進研修
 ♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪゚+.

今回ご紹介しました研修について詳しくはお問い合わせ下さい。
「この人数で、この時間だと料金はどのくらいかかる?」
というご質問もお気軽にどうぞ!
電 話:03-5259-0070 
FAX:03-5259-0075
◆WEBでのお問い合わせはこちら

by insourcekyusyu | 2010-08-05 16:09 | おすすめ研修